HOME > 教育内容 > キャリアデザインコース
教育内容
キャリアデザインコース


将来、自立した女性となるために、一人ひとりの個性や興味に合わせてたくさんの実習を通して専門的な知識や技術を幅広く身につけます。
それぞれが希望する進路を実現できるよう、基礎学力を養成し、総合的に学びます。
キャリアデザインコース 3年間の流れ
基礎学力を身につけながら、3つの分野を総合的に学びます。
1つの分野を選択し、上級学校への学びに必要な基礎力を養います。
専門分野の学習を発展的に行いながら、希望進路に向けた学力の充実を図り、各種資格の取得にも挑戦します。(コース変更も可能です)
2年次から1つの分野を選択して学習します
フード&ファッション
夢をかなえ、将来役立つ知識や技術の習得を目指します。
フード・ファッションなどの家庭生活分野を中心に、体験実習を通して知識や技術を身につけます。フードでは「体は食物で作られる」を念頭に置き、調理実習(和食・洋食・中華・製菓・パン)、献立作成や栄養指導、食育、テーブルコーディネイトなどを行います。2年次に食物調理技術検定1級を全員取得します。ファッションでは「個性豊かな生活を送る」という考えのもと、縫製の基礎、コーディネイト、デザイン、リメイク、ネイルやメイク体験を行います。
総合クッキング・調理
目指せ栄養士・パティシエール!
料理によって異なる食材や調理器具の使い方、調理方法など様々な調理を学びます。製菓の専門学校と連携しているので、製菓衛生師国家資格にも挑戦できます。
総合クッキング・栄養
食生活を豊かにしよう!
健康な生活を送るために、基本的な素養をバランス良く身につけ食生活を豊かにする実践力を学びます。調理実習後は、班ごとに授業を振り返り発表します。
ファッション造形
デザインを形にする楽しさ!
縫製の基本的な知識や技術を習得します。また、ミニボディを使ったピンワークを体験することで、オリジナルデザイン画を三次元化する楽しさや難しさを学びます。
スポーツ健康
理論や実践からスポーツを学び、体育・医療系への進学を目指します。
スポーツ健康では、スポーツを学びながら将来インストラクター・体育指導者として必要な基礎知識と技術を身につけていきます。
スポーツと健康の諸問題に対応し、健康の保持・増進やレクリエーションを目的に生涯スポーツ・リハビリテーションなどを学びます。カリキュラムは基礎学力を養いながら、体育健康分野を多角的に理解するよう編成されているので、幅広い進路に対応しています。
スポーツ概論
正しく運動を行うための理論
健康な状態を維持するためのスポーツ活動とはどのようなものかを学習します。スポーツ概論や栄養学など、理論と実践からスポーツを総合的に学ぶことで多彩な進路に対応します。
テーピング・キネシオ実習
テーピングを学んでケガ予防
スポーツの現場では時としてケガにつながることが多々起きています。そこでテーピング・キネシオを学ぶことによって、ケガの予防や再発を防ぐ効果などを学んでいます。
健康演習
正しい応急手当を身につける
基礎的な医学に関する知識やAEDを使った心肺蘇生法、気道異物除去法などを学びます。
急病やケガの手当、止血方法など、基本的な応急処置を実習します。
アドバンス(国際教養)
“将来の英語ユーザー”になるために話す力を伸ばしていく教育
アドバンスでは、英語の読解や文法だけでなく、多くの人が苦手とする「話す」ことに重点をおき、自分の考えを英語で伝えられる“将来の英語ユーザー”となる人材の育成に取り組んでいます。
話す力と同時に、話す姿勢についても学びを深め、将来英語を用いて世界中の人々とつながることができるように、基本的なコミュニケーションスキルを身に付けます。また英検などの外部試験やサマーキャンプ、海外留学などに積極的にチャレンジしていきます。
イングリッシュカンバセーション
英語でコミュニケーション
ネイティブ講師とのグループ活動を通して、英語でのコミュニケーション能力の強化を図ります。初めて英会話を学ぶ生徒から留学を考えている生徒まで、楽しみながら英語を学ぶことができます。
国際交流
アメリカ・コロラド大学との交流
2016年度は、アメリカ・コロラド大学の学生を本校に招いて、国際交流会を行いました。英語による本校及び日本文化の紹介、様々なレクリエーションを通して、同世代の若者とふれあい、生きた英語を学びます。
日本文化
国際人として相応しい教養を身に付けます
日本の文化についても十分に理解し、外国の方々に説明できるように学びます。また、国際人として相応しい教養や立ち居振る舞いについても身に付けていきます。